当サイトを快適にご利用いただくため、Cookieを使用しております。 Cookie 詳細を読む

Home » スペイン語学校 » サラマンカ » の紹介

サラマンカの紹介

スペインのサラマンカでスペイン語を学ぶ/スペイン語コース

サラマンカでスペイン語を学ぶ理由

町の紹介

文化とレジャー

サラマンカのガイド

サラマンカ県はカスティージャ・イ・レオン地方のポルトガル沿いに位置します。マドリッドから2時間、ポルトガルのビーチまで4時間の所にあります。スペイン国内にはユネスコの世界遺産が数多くありますが、サラマンカはその一つです。市内中心には2つの大聖堂、ルネッサンス様式の宮殿、美しい広場や長い歴史を持つ大学があります。

Salamanca's Cathedral
サラマンカの大聖堂

人口18万のサラマンカは大都市の利便性と、小さな町の人懐っこさを兼ね備えた町です。サラマンカは大きすぎず、どこへでも歩いて移動することができます。市内中心にあるマヨール広場はスペイン一美しい広場とされ、「サラマンカのリビングルーム」と呼ばれるほどいつも大勢の人々が集まっています。サラマンカはスペイン語(カスティージャ語)の歴史を語るにおいて重要な町で、訛りのない美しいスペイン語が話されています。それによって多くの人々がスペイン語の留学先としてサラマンカを訪れます。この町で勉強すれば、世界中の人々と出会うことができます。

学園都市であるサラマンカはいつも活気にあふれています。サラマンカ周辺には文化アクティビティーや小さな村への遠足、山登りなどが楽しめるスポットがたくさんあります。

Plaza Mayor, Salamanca
サラマンカのマヨール広場
Plaza Anaya, Salamanca
サラマンカのアナヤ広場

サラマンカのお祭り

スペイン全国で共通しているように、サラマンカのお祭りも宗教的な意味を持っています。中でも有名なお祭りはフェリペ2世が統治していた1570年に始まった"El Lunes de Aguas"(水の月曜日)です。これはイースターが明けた翌日の月曜日にトルメス川のほとりで人々が食事をしたり、踊ったりして過ごしていたことが始まりです。現在は川のほとりに限らず、公園や草原でピクニックを楽しみます。

他にもたくさんのお祭りがあります。9月にはVirgen de la Vegaのお祭りがあり、2週間にわたって野外コンサートや演劇、パレードなど多彩なイベントが行われます。