当サイトを快適にご利用いただくため、Cookieを使用しております。 Cookie 詳細を読む

Home » スペイン語学校 » バレンシア » の紹介

バレンシアの紹介

バレンシアでスペイン語を学ぶ/スペインのスペイン語コース

バレンシアでスペイン語を学ぶ理由

町の紹介

文化とレジャー

バレンシアのガイド

バレンシアはバレンシア州の中で一番大きな県です。イベリア半島の地中海沿岸のほぼ真中に位置します。東にはバレアレス諸島があり、マドリッドとバルセロナからほぼ同じ距離にあります。バレンシア湾と山々に囲まれ、山の向こうにはアラゴン洲とカスティージャ・ラ・マンチャ洲があります。バレンシアは地中海の恩恵を受けて発展し、今でも昔ながらの地中海沿岸の生活様式が見られます。

Plaza del Ayuntamiento, Valencia
バレンシアの市庁舎広場

バレンシア市はバレンシア県都であり、当然ながら県で一番人口が多い町です。観光名所が集まる旧市街は19世紀中ごろまで城壁に囲まれていました。その城壁の一部であったセラーノ塔とクワルト塔の姿は今でも見ることができます。また、バレンシア近代美術学校は城壁の一部を利用されて建てられています。バレンシアで一番重要な芸術的遺産は、セウ地区とヘレア地区の教会や宮殿の下から発掘されたローマ時代の遺跡です。

メルカット地区はバレンシアの商売人たちの繁栄と共に形成され、この地区を代表する2つの建物は商業のためのものです。1つは中央市場、そしてもう1つはユネスコの世界遺産に指定されているラ・ロンハ(絹の交易所)です。ラ・ロンハの中には美しい柱が立ち並び、当時交易に使われていた机が今でも残っています。この地区の歩道は幅が広く、モデルニズム様式の建物が多く見られることから、当時ブルジョワ層が資産と権力を増していたことが伺えます。旧トゥリア川の外側には美しい庭園、美術アカデミーなどがあります。旧市街と海の間に広がるエリアは近代的で、現在バレンシアで一番人気のある観光名所となっている芸術科学都市があります。このエリアの向こう側は港とラス・アレナスビーチとラ・マルバロサビーチです。

Plaza de la Virgen
プラサ・デ・ラ・ビルヘン(聖母の広場)
Music Palace
音楽堂

バレンシアのお祭り

バレンシアでは一年を通して伝統的なお祭りが行われます。1月には動物たちの守護聖人である聖アントニオ・アバッドのお祭りがあり、薪の山を燃やして動物たちの健康と繁栄を願います。3月19日には聖ホセのために火祭として知られるファジャスが行われます。この祭りは5日間におよび、期間中は町のあちこちに大きな人形が置かれ、毎晩花火が上がり、最終日には人形を燃やしてしまいます。ファジャスはバレンシア市だけではなくバレンシア県の60もの町で祝われます。他にもコルプス・クリスティ(聖体祭)、ムーア人とキリスト教徒の行列、そして世界的に有名なトマト祭りも開催されます。