当サイトを快適にご利用いただくため、Cookieを使用しております。 Cookie 詳細を読む

Home » ラテンアメリカでスペイン語 » アルゼンチン

アルゼンチンでスペイン語を学ぶ

世界で最も素晴らしい国の一つであるアルゼンチンでスペイン語を学び、この国の魅力を発見しよう。ドンキホーテはアルゼンチンの複数の都市で多彩なコースを開催しています。アルゼンチンで楽しい時間を過ごしながらスペイン語を学びましょう。

アルゼンチンの研修都市

アルゼンチンのスペイン語コース

ブエノスアイレスの特別スペイン語コース

アルゼンチンのガイド

  • 見所
  • 旅の時期
  • 生活費
  • 地図
  • 文化

クーヨ地方とアンデス北西部 : これらの地方は元々ペルーの鉱山植民地でしたが、現在は畜産業が盛んです。このあたりでは火山、塩湖、青空の自然美を堪能することができます。クーヨ地方はメンドサ県、サン・フアン県、サン・ルイス県によって構成されています。地方色が強く、人々の多くはチリの影響を強く受けた独特のメスティーソです。アンデスの麓に位置するため、登山やトレッキングなどアウトドアスポーツが楽しめます。この地方で取れる質の良いブドウと、それを使って作られるワインはとても有名です。ワイナリー、アンデス山脈に点在する小さな村々、サン・サルバドル、メンドサ、サン・フアンは、ぜひ訪れたい観光地です。

メソポタミア地方と北東部: メソポタミア地方は、アルゼンチン北部にあるパラナ川とウルグアイ川(チャコ国立公園)に挟まれた広大な平地です。沼がある湿地帯で、夏は非常に蒸し暑くなります。この地方に属するミシオネス県はブラジルとパラグアイ間にある山岳地帯で、雄大なイグアスの滝を抱えています。

チャコ州: この地方は西にある乾燥地帯で、アルゼンチン、ボリビア、パラグアイ、ブラジルにまたがる広大なグランチャコの一部です。チャコ州は放牧地と森で構成されています。州都レシステンシアは彫刻の町として知られており(市内に200以上の彫刻がある)、パラグアイとアルゼンチン北東部の岐路になっています。カンポ・デル・シエロは6000年前の隕石の断片があることで有名な町です。

ラ・パンパ州: アルゼンチンの中央部分に位置するこの州は、平坦な農耕地が特に有名です。ここにはピューマ、アルマジロ、レア、マーラなど珍しい動物が生息しています。

アルゼンチンを訪れるべき理由は何でしょう?まず、アルゼンチンの5分の2の人口が生活するメトロポリ、ブエノスアイレスは一見の価値があります。刺激的でチャーミング、魅惑溢れるこの都市には国内のあらゆる美食と活発なナイトライフが楽しめます。ブエノスアイレスは、世界で最もエキサイティングな都市の1つだと言えます。大統領官邸カサ・ロサダ、プラヤ・デ・マヨビーチ、イタリアの影響を受けたカラフルなラ・ボカ地区、メトロポリタン大聖堂、コロン劇場、国立美術館、映画博物館、国立歴史博物館など、たくさんの見所があります。ブエノスアイレスの人々にとって、夏はビーチを意味します。マール・デ・プラタのビーチが特に人気があります。アルゼンチン第2の都市コルドバは、政治、経済、文化においてブエノスアイレスのライバルと認識されています。コルドバの中心部には、市場、大聖堂、博物館などコロニアル様式の建物が連立しています。

パタゴニアとラゴ地区: パタゴニアはアルゼンチンとチリが隣り合う、南米最南端の地域です。氷河と砂漠、平坦な土地と花崗岩の崖など、度重なる天候の変化によって形成された両極端な地形が共存しています。パタゴニアの海岸ではアザラシ、トド、クジラ、ペンギンを見ることができます。ラゴ地区の美しい景色は18世紀中頃から観光客を魅了してきました。

ティエラ・デル・フエゴ: ティエラ・デル・フエゴ諸島は、アルゼンチンとチリが共同領土とするイスラ・グランデを含む、大小の島々で成っています。イスラ・グランデの北部はパタゴニアのような平坦地で、南部には森林と氷河があります。気温は一年を通して温暖で、頻繁に嵐が起こります。ここには地中に埋まった資源を採掘する鉄塔、羊、氷河、川がたくさんあります。印象的な風景を見ながら、トレッキングやフィッシングを楽しむことができます。この地方独特の動植物を見ることもできます。

南半球では四季が逆になっていることを覚えておきましょう。一般的にアルゼンチンの気候は温暖ですが、北部には亜熱帯気候地帯があり、南部の大部分は気温が低いです。近年アルゼンチンは政治や経済に問題を抱えていますが、外国人旅行者にとって比較的安全な国です。

通貨: ペソ ($)

食事
  • エコノミー:12USドル以下
  • 中級レストラン:12-25USドル
  • 高級レストラン:30USドル以上
ホテル(ブエノスアイレス)
  • 2星ホテル:44USドル
  • 3星ホテル:80USドル
  • 高級ホテル:120USドル以上

アルゼンチンは自然資源が豊富にあり、大豆、牛肉など多くの食品を輸出しています。アルゼンチン経済はこれまで非常に不安定な状況にありましたが、近年は大きな経済成長が見込まれる国で、G20に加盟しています。

インフレ率は比較的高いのですが、給与水準の上昇率がそれを上回るため、バランスが取れています。

ATMで引き出す金額は、最新の換金レートを反映しているため、ペソの変動値を知るためには一番便利な方法です。

アルゼンチンの芸術、建築、文学、生活習慣にヨーロッパの影響を見ることができます。ただし文学に限っては多様な文化の影響を受け、ホルヘ・ルイス・ボルヘス、フリオ・コルタサル、エルネスト・サバト、マヌエル・プイグ、オズワルド・ソリアノなど世界的に著名な作家を輩出しました。ブエノスアイレスには重要な美術館やアートギャラリー、コミュニティーシアターがあります。アルゼンチンの映画は国際的に評価され、独裁政治中に起きた「汚い戦争」の悪いイメージを一掃するための手段として利用されました。

アルゼンチンの芸術、建築、文学、生活習慣にヨーロッパの影響を見ることができます。ただし文学に限っては多様な文化の影響を受け、ホルヘ・ルイス・ボルヘス、フリオ・コルタサル、エルネスト・サバト、マヌエル・プイグ、オズワルド・ソリアノなど世界的に著名な作家を輩出しました。ブエノスアイレスには重要な美術館やアートギャラリー、コミュニティーシアターがあります。アルゼンチンの映画は国際的に評価され、独裁政治中に起きた「汚い戦争」の悪いイメージを一掃するための手段として利用されました。

アルゼンチンの大衆文化で最もよく知られているものはロマンチックなタンゴですが、フォルクローレミュージックも人気があります。スポーツも盛んに行われ、中でもサッカーはスポーツの域を超え、国民の一番の関心事になっています。アルゼンチン代表チームはワールドカップで1978年と1986年の2度優勝しています。当時代表選手として活躍したディエゴ・マラドーナ(チェ・ゲバラ以来有名なアルゼンチン人)は、過去20年に渡ってサッカーファンのみならず、ゴシップ誌を賑わせています。アルゼンチンの国教はカトリック教で、公式教義から派生した大衆信仰が数多く存在します。スピリチュアリズムと死者崇拝はとても根強く残っており、著名人が埋葬されている場所への巡礼が行われています。

公用語はスペイン語ですが、いくつかの地方は独自の言語を守っています。アルゼンチンにはイタリア人が大勢移民したことから、イタリア語が使われる地域があり、また英語を話す地域もあります。他にもケチュア、マプチェ、グアラニ、トバス、マタコスなど原住民の言語も残っています。アルゼンチンの食事には肉が欠かせず、牛肉が一番人気があります。どの部位でもバーベキュースタイルで焼くのがアルゼンチン風です。ベジタリアンにはイタリア料理のニョッキがお勧めです。イタリアンジェラートの影響を受けたアイスクリームはとても有名です。マテというパラグアイのお茶を振舞うことは儀式のようなもので、マテ茶をご馳走になれば、その人の友人として認められたことになります。茶葉は細かく刻まれ、ヒョウタンでできた茶器を使って飲みます。