当サイトを快適にご利用いただくため、Cookieを使用しております。 Cookie 詳細を読む

Home » ラテンアメリカでスペイン語 » アルゼンチン » ブエノスアイレス » シティーガイド

ブエノスアイレス

タンゴの町

Buenos Airesブエノスアイレスはエネルギー溢れる魅惑的な港町で、数世紀に渡りアルゼンチンの玄関口となっています。ヨーロッパから移住してきた先祖を持つブエノスアイレス市民はポルテーニョと呼ばれ、洗練された文化アイデンティティーを持っています。彼らはヨーロッパの痕跡を大切に守っており、その例として、スペイン語の名前よりもイタリア系やドイツ系の名前の方が多いことが挙げられます。また、ブエノスアイレスの生活スタイルや建築様式は、南米のどの都市よりもヨーロッパ風だと言われています。世界有数のオペラハウスス、コロン劇場の美しさは、プラタ川沿いの平野に際立っています。ポルテーニョは町の生活や文化に積極的に参加しています。彼らはあなたの身の上話を聞くことと引き換えに、アルゼンチンの秘密を惜しみなく語ってくれることでしょう。

ブエノスアイレスの構造は、この町の文化と同様、様々な形と色が混じったモザイクのようです。ここにはランドマークとなる建物などはありません。その代わり、ニュアンス、スタイル、特徴の異なる小さなスペースで形成されています。ガラスの高層ビルの隣には19世紀のビクトリア調の家が並び、観光客で賑わう通りにはタンゴバーとアンティークショップが軒を連ねます。

Buenos Aires市は小さな地区に分かれており、それぞれが独特の色、形、特徴を持っています。サンテルモ地区では、スペインのコロニアル様式の建物にイタリアのデザインとフランスのクラシック要素が見られるなど、この地区の国際的な雰囲気が建築に反映されています。ラ・ボカ地区のトタンの家には様々な色のペンキが塗られ、壁にはストリートアートが施されています。

ブエノスアイレスは多様性に富んだ町であることから、アルゼンチン全体の躍動的な精神が、ブエノスアイレスの至る所に見られると言われています。国を代表する踊りタンゴは、恐らくこの精神を最も忠実に表現しています。タンゴは優雅な動きと溢れる情熱で、密接に、ある共通のリズムに合わせて踊ります。人々はダンスホールだけではなく、公園や広場でもタンゴを練習します。

ブエノスアイレスは、スペイン語を学び、スペイン語を生きるのに最適な町だと実感していただけるはずです!