当サイトを快適にご利用いただくため、Cookieを使用しております。 Cookie 詳細を読む

Home » Spanish immersion programs

ドンキホーテの言語プログラムでスペイン語に没入しよう

スペインとラテンアメリカのドン・キホーテスペイン語没入プログラムに思い切って突入しよう

スペイン語圏の国で初めて食べ物を買って支払いをした時のことを覚えていますか? キャッシャーがベルを鳴らして貴方は準備完了です。数を数えることを覚え、値段を聞くこと、袋の値段を聞くこと、そして念のためその他の単語も覚えました。… でもキャッシャーが口を開いて何か聞いた途端 “¿Quieres una bolsa?” (袋は要りますか?)その人のアクセント (貴方の国の先生のアクセントと全然違います)、バックグラウンドの音楽、貴方の後ろに並んでいる老婦人が小銭を探しながら隣の奥さんがお喋りしていて、まったく予期できなかった色々混ざった不思議な言葉が、国でしっかり勉強してきたにもかかわらず、貴方をちょっと仰天し、キャッシャーに言われた言葉が理解できなくなりました。言葉だけじゃありません。幸運なことに視線や笑顔、そしてジェスチャーでストアの割引券などを持っているかと聞かれたことを理解しました。… 全て良しです。

もしそんなことを覚えていないとしたら (又は似通った状況)、きっとそう言う経験をしたことがないと言うことでしょう。 家に座ってスペイン語文法の本にしがみついていると言うことでしょう。そして今、立ち上がって荷造りをして、現実のスペイン語の中での言語旅行に出かける時が来たと言うことで! そうです、そうする時です!

なぜなら、貴方が家でオーディオを聞き、スペイン語のビデオを見たり、クラスで座って新しい文法構造を勉強してたくさんの語彙を暗記しても、言葉というものは生きているものです。そしてその中で生きるべきものです。ですから今すぐ飛び出して、スペイン語に没入しましょう!

私たちの素晴らしいスペインとラテンアメリカのロケーションで、スペイン語に没入するベストな方法を見つけましょう。そしてエキサイティングな言語旅行を始めましょう!

新しい景色を見て、新しい音を聴いて、生き甲斐を感じよう!

観光では滅多に行かれない道を歩いてみよう

Cádiz

小さなカフェに入ると、老人たちがくつろいでおしゃべりをしていて、ユニフォームやエプロンを付けたメイドたちが大声で注文を繰り返していたり、活気に満ちた笑い声、チュロスをチョコレートに浸しながら新聞を読んでる人、またカフェオレをすすっている人などを目の当たりにすると、最初はちょっとたまげてしまうかも知れません。でも貴方の言葉を話す人が誰もいなくて、スペイン語を話さなければ理解してもらえないことを知ると、今まで努力して学んだ言葉を使えることに喜びを感じるでしょう。

スペイン語を学ぶ場所を観光客で溢れていない所を選ぶというのは挑戦です。でもその価値はあります。 自分自身を快適な所から取り出して、道端にある本場の市場や翻訳メニューのないレストランへ行ってたり、人々にスペイン語で住所を聞いたりする体験する努力をしましょう。常に本場のスペイン人との接触を文化に囲まれた本場の設定で活用すれば、白黒のように見えた言葉が突然色を増してくるでしょう。

貴方がリラックスできそうな場所を2-3検索してみて下さい。そうすればいつか彼らのように話せるようになっているかも知れません…

バレンシア (スペイン):

バレンシアは本物のスペイン文化に簡単に取り囲まれる事ができる街です。しかしながら大学がある国際都市です。 (もし自分自身をそうさせるなら貴方は観光客が陥る罠に間違いなくはまるでしょう) 素晴らしい音楽や芸術の舞台となった場所、スペイン語しか聞こえない仕切り壁のレストランがあります。比較的大きな町ですが、順応しやすく同時に親しみやすい街です。そして深くスペイン生活様式を追求できる魅力的な街です。

カディス (スペイン):

カディスは小さな町ですが、古い曲がりくねった通りがいっぱいで、毎日捕り立ての新鮮な魚が小さなレストランで揚げ物にされて、人々は砂だらけの靴で海岸から旧市街まで歩いています。カディスは観光客にあふれた街ですが、スペイン人の観光客です。そして歴史を垣間見、フレンドリーなアンダルシア人に囲まれて今という時を楽しむ事ができる場所です。

トロピカルな太陽の下でスペイン語でリラックス

Playa del Carmen

もしサルサ音楽が好きで、太陽のもとでのピナコラーダとハンモックをスペイン語で夢見るなら、トロピカルなロケーションをお選びください。そうすれば間違いなく一石二鳥です。: トロピカルな逃避、そしてのんびりした土地の太陽の下でスペイン語を学ぶことです。

言語を学ぶ事は、単調で薄暗くて退屈なものであってはなりません。ライスとビーンズ、美しい夕暮れ、滝、波と白い砂浜で詰まった冒険でなければなりません。 リラックスして放心して語学を学ぶほど良い方法はありません。ですからフリータイムにハンモックに横たわって日焼けをし、透き通ったトロピカルな水の中で泳ぎ、又夕暮れを見ながら海岸を波打つ音を聞くことは全く不都合な事ではありません。言うまでもなく、これらのロケーションではあなたと同じように開放的でリラックスした地方住民の人々に出会い、貴方が初心者なら沢山の手助けをしてくれ、スペイン語の完璧を目指しているなら会話の中で大いに励まされるでしょう。

貴方がスペイン語と日光浴を同時に楽しめるいくつかのロケーションを検索しましょう。 (この中の二つは “playa”海岸と言う言葉が地名に入っています)

プラジャ デル カルメン  (メキシコ):

プラジャデルカルメンは本当のビーチタウンです。観光客が少ないかも知れませんが (しかしかなり人気がある)、海を愛する人にとっての楽しみが沢山ある場所です : 美しい海での素晴らしいシュノーケル潜水、賑やかにもかかわらず妙に落ち着いた雰囲気の中心部で、日中も夜も楽しむことで溢れています。本物のメキシカン通り、野性的なトロピカルさはほんの外側で 、内側は大変文明化されています。ここは大変熱帯的な逃避地で、暖かい気候と文化の中でリラックスすることが出来ますが、同時に国際的な生活と繋がっていることも感じます。

プラジャ ハコ  (コスタリカ):

プラジャデルハコはビーチタウンで、日中はたいへん静かでリラックス出来ますが、夜になると大変賑やかになります。世界でも最適なサーフィンのロケーションとして知られています。そしてパーティータウンとしても知られていますが、とてもおおらかな雰囲気の所です。また様々な自然愛好者にも最適な場所です。美しい海岸、生物多様性、白黒の砂浜、そしてエキゾチックな密林を街の中心地の角を曲がった辺りに見つけることが出来るでしょう。

トリニダード  (キューバ):

もし貴方が求めている所が大変リラックスしたのんびりした場所、そして別の時代を感じさせるような所であるとすれば、トリニダードがお勧めです。海岸沿いではありませんが、キューバの中で最高のビーチがほんの数マイル先にあります。 (プラジャアンコンは南へ7マイルちょっと先、きらめく熱帯ビーチパラダイスです) 町の感覚は、完全に屋外の博物館で見られるそのルーツと歴史のようにゆっくり静かで、そして真正です。ここでのこじんまりした教室でスペイン語を学びましょう。(グループ集合は教師宅、ホームステイ先、又は町のカルチャーセンターです) そしてドミノプレーヤーで葉巻喫煙者の老人たち、又は鼻息の荒いロバを引き連れる農民たちと街中でおしゃべりするのもいいでしょう。

スペイン語を自分自身のものに

明るい大都市で

Playa del Carmen

スペイン語圏の大都市では、歴史を吸い込み、文化的活動にあふれた目まぐるしい都市の生活に傾き、 周辺の人々が話したりおしゃべりするのをを絶え間なく聞く事が出来ます。言語は文化の一部で、歴史と未来を所有します。そして大都市ではこれらのことを一度に見ることが出来ます。言語の過去、現在、そしてすべての文化は魅力的で力強いエネルギーが、町の曲がりくねった通り、隠された宝、コスモポリタンの市民を通して作り上げられ生活に入ってきました。貴方は完全に全てのヒスパニック文化に取り囲まれるでしょう、料理、建築、音楽、言語、芸術 ; そしてそれが貴方の中に少しづつ浸み込み、言語旅行が決して忘れられぬものとなるでしょう。大都市では沢山の方法で言語没入が出来ます。

都会派の貴方 (又は都会で生活をしてみたい人)、 スペイン又はラテンアメリカで、スペイン語とその文化を深く追及するためにエキサイティングなロケーションを検索してみましょう。

マドリード  (スペイン):

マドリードは貴方を魅惑し去ることが出来なくなる町となるでしょう。真にその中核には現代的で国際的な面と大変古いスペインの伝統を感じさせるもの (バールで老紳士達が小さい帽子をかぶってコーヒーを飲む姿、伝統的な居酒屋の床にナプキンやエビの頭が放り投げられ、おしゃれなレストランと昔ながらの退廃的なカフェ 、それは時には独特な建築とともに数世紀前の建物の中に当てがられて、そこでは貴方を必ず高貴な気持ちにさせてくれるサービス)を保っています。また消して眠ることのない街です (失礼!ニューヨーク、でもマドリードは貴方を鼓動させる事は間違いありません)。そして全てをスペイン語で迷わせるのに最高の場所です。 でも恥ずかしがらないで下さい。マドリードでは貴方がスペイン語を練習している時、大声でそして笑顔で話す所です。 もしあなたを取り巻く騒ぎとせわしさの中で人々が貴方を言うことが聞こえないと言っても、多忙な街の住民を不親切だと誤解しないで下さい。 Madrileño(マドリード人)はたいへん親しみやすい人々です。ですから飛び出して会話を始めて下さい!

ブエノスアイレス  (アルゼンチン):

アルゼンチンは大変美しい街で、ヨーロッパの魅力とラテンアメリカの輝きの全てを揃えています。多彩で入り混じった文化の街で、スペイン語を通してタンゴ音楽で貴方の野心に火をつけ、自由に踊りましょう。素晴らしい料理、ショッピング、そんな驚くべき文化に街の隅々で出合うでしょう。街の騒めきの中でカフェに座ってコーヒーを飲みながら Porteño(ブエノスアイレス人)と町の特徴、創造性、歴史につい会話を始めましょう。でもご注意!いつの間にか貴方を地元人にさせるかも知れません – 旅行者が恋に落ちて決して帰郷しないということが知られているからです。

思い切って!

スペイン語に没入しよう!

Playa del Carmen

私達は真に言語を学ぶという事は、文法書を学ぶ事より多くの文化に触れるということだと知っています。語彙を暗記することより地元の人と会話することがもっと大切であることも知っています。真に言語を学ぶためには、それを作り上げた全ての文化、歴史、そしてそれを日々生かす人々の中に没入することです。ですからあなたに語りかける街を選び、荷造りをはじめ、本場のスペイン語を話し始めましょう!