当サイトを快適にご利用いただくため、Cookieを使用しております。 Cookie 詳細を読む

Home » スペイン語コース » スペイン語教授法 ドンキホーテ

スペイン語コース

スペイン語教授法 ドンキホーテ

Academic Director of the don Quijote schoolsレッスン初日からスペイン語を話します

ドンキホーテで教える100名を越える講師の熱意、経験、プロフェッショナリズムが私たちの品質保証です。彼らはスペイン語を教えるための資格を持ち、学生が楽しみながら、そして効率よくスペイン語を学べるよう日々努力しています。

カリダ・サンタナ・サンチェス
ドンキホーテ校 アカデミックディレクター

対話形式で効果的な教授法

ドンキホーテは長年の経験とそれによって得た言語学習に関する知識、そして学生にとってベストな授業について考え抜いた結果、オープンで柔軟性がある対話形式の教授法を生み出しました。教室では何度も練習すること、常に話すことを要求されるので、母国語を学ぶようにスペイン語を勉強することができます。私たちの教育メソッドは、ヨーロッパ共通言語基準システムと学生のニーズの両方に対応しています。

各自が目標とするスペイン語レベルにより早く到達できるよう、教室では活動的で発言しやすい環境作りを心がけています。そのためにコミュニケーション、文法、文化をミックスした様々な問題とアクティビティーを用意しています。ドンキホーテではスペイン語とスペイン語圏の文化をしっかりと学びます。

少人数で一人一人に注意が行き届くレッスン

インテンシブとスーパーインテンシブコースでは少人数クラスで勉強します。ドンキホーテでは生徒一人一人に常に注意が行き届く授業を行います。

言語基準システムに沿ったレベル分け

ヨーロッパ共通言語基準システムに沿って設定された6つのレベル:

初級A1:
スペイン語でくだけた会話ができる、そしてネイティブと簡単な会話ができるための知識と自信を身に付けます。

初級A2:
日常生活においてシンプルな会話ができ、現在形・過去形・未来形を用いて自己表現ができるための知識を身に付けます。

中級B1:
専門的なテーマ以外に関する会話ができるよう、コミュニケーション力と文法力を養います。

中級B2:
会話と筆記による文章作成において、効果的な文章構造ができるための言語スキルを学びます。

上級C1:
スペイン語とスペイン語圏の文化に関する知識を広めます。

最上級C2:
あらゆるミスを克服し、言語学における微妙な表現を使い分けることができます。

各レベルを完了するために必要な時間数の目安:
A1:60時間、A2:60時間、B1:120時間、B2:120時間、C1:120時間、C2:380時間

オリジナル教材

ドンキホーテには20年の経験を基に作られたオリジナル教材があります。さらに、最新の新聞記事、広告、ビデオなどの副教材も利用します。

フレキシブルな時間割

学校初日は、レベル分けテストを受けるために午前8時に登校してください。月曜日が祝日の場合は、火曜日が学校初日となります。スペイン語初心者の方はレベル分けテストを受ける必要はありませんが、新しい環境に慣れるために午前8時に登校されることをお勧めします。

ドンキホーテでは少なくとも1日3つのレッスンを受講します。1レッスンは50分授業です。レッスンは朝9時から夜7時の間に開催され、午前または午後の時間割に別れます。正確な時間割は、既存のグループ、あなたのスペイン語レベル、コースタイプを考慮して決定されるため、学校到着後にご案内いたします。

コース修了書

選択したコースへの出席率が85%以上あれば、終了時に修了証書をお渡しします。この修了証書には出席したコース、受講期間、達成したスペイン語レベル、特別科目や追加で選択したコースがあればその詳細、受講時間数が記載されます。出席率が85%に満たない場合は、出席した時間数だけが記載された証書をお渡しします。アメリカ合衆国から参加する学生には、必要に応じてアメリカの教育システムに沿った成績表をお渡しします。

講義概要とプログラム

講師、各校の教務長のためにドンキホーテの講義概要とコースプログラムをスペイン語と英語で用意しています。